悩める薄毛は早急に解決するべき|50代専用のアイテムを駆使

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

男性型脱毛症を防ぐには

男の人

男性の脱毛の特徴

日本人男性の場合、平均的に30代で男性型脱毛症(AGA)を発症します。そして何もしないでおくと薄毛が徐々に進行します。40代〜50代になると3割の男性が男性型脱毛症になると言われています。抜け毛が増える原因のひとつとして考えられるのが、「5αリダクターゼ」です。5αリダクターゼには、男性ホルモンのテストステロンをDHTという悪玉男性ホルモンに変える働きがあります。50代の中年になると、5αリダクターゼがテストステロンに過剰反応して、DHTが発生しやすくなります。DHTは頭頂部や前額部を中心に発生しやすい特徴があります。そのため、50代の男性の多くが頭頂部のつむじのあたりや額の生え際が薄毛になるのです。

毎日できる抜け毛予防

男性型脱毛症はDHTの発生を抑えることや、生活習慣を見直すことで予防・改善することができます。育毛剤や発毛剤は、DHT抑制作用がある成分を配合したものがお勧めです。喫煙習慣やストレスは毛細血管を縮めます。毛細血管は毛包細胞に栄養を運ぶために必要な道路です。その道路が遮断されてしまうと、細胞まで栄養が届かなくなり、薄毛になるリスクが高くなります。たばこを吸う習慣がある人は、薄毛を防ぐために禁煙を心がけることが大切です。50代になるとコレステロールが高くなり脂肪がつきやすくなりますが、脂肪も抜け毛に繋がります。脂肪を摂りすぎると皮脂分泌が活発になり、毛穴に皮脂が詰まります。栄養バランスの良い食事をすることは、健康維持にも薄毛改善にも繋がります。悩める薄毛は早急に解決するべきだと言えるでしょう。

あなたに合った治療を選べ

男女

薄毛の症状や進行度は、1人1人異なります。そこでAGAの治療が受けられる病院を選ぶ時には、治療方法を調べ、1人1人に合った治療を提供している病院を選びましょう。また福岡の病院で納得のいく病院を選ぶために、無料カウンセリングの機会を利用することも大切です。

もっと読む

髪の悩みを解決できるかも

育毛サイクル

薄毛に悩んでいる男性には心強い味方のプロペシアであり、名古屋にある病院では比較的安く処方していることもあるので調べてから行きましょう。プロペシアをこれだけ飲めば効果がこれだけあるとは言えないお薬なので、必ず医師の指導を受けながら服用すると効果的です。

もっと読む

自毛を利用した増毛

メンズ

自毛を植毛すると自然に仕上がり髪がのびるというメリットがありますが、後頭部の傷跡が目立つため注意が必要です。また最新の機器が導入されており、ウィッグにも対応してもらえるクリニックなら安心して任せられます。

もっと読む